« 無題 | トップページ | 機関庫にて »

2008年10月19日 (日)

アンカプラの改良?

Dsc02638 TOMIXの線路に同社のポイントにセットされている磁石をはめ込んで簡易アンカプラとして以前から試用していました

今まではお手軽という点から枕木の上にまたがらせるように設置していましたが、その状態だとカプラメーカー純正の9ミリゲージ用磁石と比較して磁石の長さが短いために鉄製の車軸を持つ台車はぎくしゃくして使い辛く感じたものです

ふと思い立って枕木を削り取りレール上面より1ミリ下げた位置に設置してみたところ、鉄車軸を吸い付けることが無く、トリップピンは確実に開くことがで来ることが判りました、DCCにより機関車の停止位置もピンポイントで止められるため磁石が短く困ることもありません、当然のごとくDUも出来ました

« 無題 | トップページ | 機関庫にて »

どんぐり実験線だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558820/48253311

この記事へのトラックバック一覧です: アンカプラの改良?:

« 無題 | トップページ | 機関庫にて »