« 線路工夫の作業も一段落 その1 | トップページ | 線路工夫の作業も一段落 その3e »

2011年8月28日 (日)

線路工夫の作業も一段落 その2

発送の知らせを受けてしばらく後荷物をうけとりました。発注したLK100が送られてくる物と思っていたのですが、箱から出てきたのはLENZの現行モデルLK200が1ダース。ちょっとがっかりしてしまいました。

気を取り直して、取りあえずはテスト、小型の2軸DLでも間違いなく作動することを確認できたので一安心しました。さすがに新型です無音で動作するのでベースボードの下部に取り付けてしまえばLKの存在はにわかには分からないでしょう。旧型のLK100ではリレーの頼もしい音とともに切り替えが行われたことが耳で分かったものです。また、感度の調整もいちいち考えることが無いような設計になっています。

現行モデルなら国内でも入手できるので旧型でないことに落胆したもののテストの結果は新型だけあって想像以上の進化を遂げているのに満足。後はきになるコストですが折からの円高とあって格安に入手できたので良しとしましょう。

つづく

« 線路工夫の作業も一段落 その1 | トップページ | 線路工夫の作業も一段落 その3e »

A.B.L.」カテゴリの記事

鬼淵への径」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線路工夫の作業も一段落 その2:

« 線路工夫の作業も一段落 その1 | トップページ | 線路工夫の作業も一段落 その3e »