« ぼんこがま記念撮影 | トップページ | どんぐり運転盤の今 »

2012年12月10日 (月)

昨年の今頃は

IMON製HO762木曽のBLWを組み立てていました

上記のリンク先はロコにサウンドデコーダーとスピーカーを収めるために試行錯誤していた時点の写真です。

その後、デバイスへのケーブルを通す個所を設けました。

ケーブルはここから購入した極細の電線に張替えました。

屋根裏に置いたサウンドデコーダーからのケーブル6本は、キャブ後ろ妻板の上部を深さ0,5mm巾5,0mmほどの切欠きをミニルーターで削って、屋根板とのスリットの間から燃料庫へ導きスピーカーへの2本を配線。

燃料庫底板の一端にマル1.5ミリ程の穴をドリルで開け電源用のケーブルとキャパシタようのケーブルを水槽の内部に導きました。

ヘッドライトの配線はポリウレタン線を使って適宜配線しましたが、ボイラー内でウォームギャに巻き込まれないように注意して配線する必要があると思います。

ヘッドライトの配線を含めコネクター類やロコを上下に分割する時の便を考えると上手な電気接点の工夫は必要と思われますが、自分の所では適当に結線したまま作業がストップしています。(機能面ではこれで十分)

« ぼんこがま記念撮影 | トップページ | どんぐり運転盤の今 »

木曽のBLW」カテゴリの記事

コメント

このブログから刺激を受けてIMON木曽BLWのサウンド化にトライしています。今回の記事は大変参考になりました。ありがとうございました。自分でも試行錯誤して考えてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558820/56294856

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年の今頃は:

« ぼんこがま記念撮影 | トップページ | どんぐり運転盤の今 »