« ライト感覚な工作機械の導入 | トップページ | モジュールの脚-2 »

2014年10月 9日 (木)

モジュールの脚-1

1200mmサイズのモジュールが自立する様にイレクターパイプで脚を作っています。

脚自体はφ28x900mmのパイプに高さを微調整する駒を付けたものを前もって用意しておいたのですがそれだけでは不安定だったのでブレースを取り付ける様にしました。
短い方は136mm長い方は1140mmの長さにして切断面にはエンドキャップを取り付けてメタルジョイントで組み合わせて使います。
ちょっと過剰品質とも思えるほど頑丈ですが既存のパーツを使って標準化したかったのでそのようにしました。
手元にレンチが無かったので組み立ては後日…
Photo_3

« ライト感覚な工作機械の導入 | トップページ | モジュールの脚-2 »

鬼淵への径」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モジュールの脚-1:

« ライト感覚な工作機械の導入 | トップページ | モジュールの脚-2 »