« 日農鋼製-台枠の仮組 | トップページ | 英国型 よんよんれい にサウンドを載せた »

2016年11月28日 (月)

HO1067の貨車

Img_0692ssHO1067の国鉄型二軸貨車をくみたててみました。
 
嘗てエリエイからリリースされた製品と、それを受け継いだモデルス井門の現行製品のプラスチック製組み立てキットです。
 
リリース当初は若気の至りかHO1067への期待が大きかったせいか、何か物足りなさを感じディテールUPなどを試みたものですが、今回は素直に素組み、それもアンデコです。
 
 
 
 
 
しかし今回は、FABのスポーク車輪に換装して少しばかり走りに拘ったグレードUPをしてみました。この車輪には樹脂製の軸受けを使うようになっていて素晴らしい転がりを実現してくれます。
 
 
 
 
Img_0680ss樹脂製軸受け を取り付けるために既存の軸受けの穴をΦ2.0に拡大しました。それと同時に担いバネ周辺の空間を表現するための穴もキリで開けておきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Img_0683ss糸鋸でこのように加工しました。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0686ssスポーク車輪に交換することで軽量になった分を補充するためにt1.0の鉛板よりウエイトを切り出して、エコーモデルのt0.5 ワッシャー、M2x3ビスで軸受けとともにとりつけました。
  
ビスの床面側はちょうど面一に収まります。
 
軸受けは最適な位置に瞬間接着剤で固定しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0695ssリーズナブルな価格で転がりの良い貨車が僅かの手間で完成です。
 
今の自分には程良い工作で心地よい満足感に浸っています。
 
 

« 日農鋼製-台枠の仮組 | トップページ | 英国型 よんよんれい にサウンドを載せた »

趣味」カテゴリの記事