« 大正時代の蒸気機関車と電気機関車 | トップページ | KATO D101 の線路電圧を降圧する工夫 »

2017年3月 2日 (木)

DCC 電圧の設定

フィーダー1本で複数の車両やアクセサリー(ポイント)を制御出来るところにDCC(デジタルコマンドコントロール)の利点が有るかと思います。
 
しかし、自分は確実な制御のために走行用電源とアクセサリー用の電源を分離させて使う方が良いと考えています。
 
近頃のよく出来た省電力モーターにおいては、電圧を低く供給したほうが理に叶った制御(スムーズな動きをする)が出来るからです。
 
ところが、電圧を下げるとアクセサリーの動作が不確実になるのも事実です。 
 
そのようなわけで基本に忠実に
 
 走行用電源 :DCC 12(V)
 
 アクセサリー用電源: AC or DC 16(V)
 
を基準としています。
 
余談ですが、KATO D101 の13,5(V)というの、はその妥協点なんだと思います

« 大正時代の蒸気機関車と電気機関車 | トップページ | KATO D101 の線路電圧を降圧する工夫 »

DCC」カテゴリの記事