« JOE WORKS 製 加藤型DL 低屋根タイプ | トップページ | 珊瑚模型店製の木製運材台車に ヨーロッパ式ループカプラーを取り付けて見た »

2019年4月 8日 (月)

珊瑚模型店製木製運材台車の連結器

Img_0873s8

ローコストかつ転がりの良さで定評のある珊瑚模型店製の木製運材台車。

自分はZゲージのマグネマチィック仕様に組み上げたのですが、長編成の列車を組んだときのためにどんぐり式朝顔連結器の仕様に変更するアダプたーを作り適宜交換できるようにしました。

Img_0868s8

モデルワーゲン製の鋼製運材台車マグネマチック化するために切り落とした朝顔型を再活用します。

2mmの真鍮角棒4mmに切断した物を朝顔後部にハンダ付け。

接合部中心にM1,2のネジが通る孔を開けます。その際、φ0,5-φ0,7-φ1,0の順でドリルスタンドを使って孔開けし最後は油目の丸やスリで調整することでハンダが剥がれることなく仕上げることが出来ました。

黒染めをしてモデルワーゲン製朝顔カプラーのピンを瞬間接着剤で固定しました。

今回は3両分作りました。

推進運転でアンカプラーやらポイントの連なるヤードに進入するさい実に具合の良い連結器です。

 

2019/04/10

MW製鋼製運材の切り落とし朝顔が3個有ったので、それも同様に加工してストックしておきました。

« JOE WORKS 製 加藤型DL 低屋根タイプ | トップページ | 珊瑚模型店製の木製運材台車に ヨーロッパ式ループカプラーを取り付けて見た »

落ち穂ひろい」カテゴリの記事