2019年4月16日 (火)

珊瑚模型店製の木製運材台車に ヨーロッパ式ループカプラーを取り付けて見た

Img_0886s8

Img_0881s8

今回使用したPECO 009 の樹脂製カプラー。

 

続きを読む "珊瑚模型店製の木製運材台車に ヨーロッパ式ループカプラーを取り付けて見た" »

2019年4月 8日 (月)

珊瑚模型店製木製運材台車の連結器

Img_0873s8

ローコストかつ転がりの良さで定評のある珊瑚模型店製の木製運材台車。

自分はZゲージのマグネマチィック仕様に組み上げたのですが、長編成の列車を組んだときのためにどんぐり式朝顔連結器の仕様に変更するアダプたーを作り適宜交換できるようにしました。

続きを読む "珊瑚模型店製木製運材台車の連結器" »

2016年11月27日 (日)

日農鋼製-台枠の仮組

Img_0689ss台枠を仮組しました。
 
車輪をセットして仮組みしたところ、車軸に対して軸受けの巾が狭いようでした。
 
台枠のネジ位置を広めにずらすことも考えて見ましたがその余地は皆無なので、組説にもあるように軸箱守を外側に開くように調整したところ、本来の転がりになりました。

日農鋼製-軸受けのハンダ付け

Img_0677ss軸受けは、粉末ハンダを使いバーナーで炙り付けすることにより行いました 。
 
先ず、軸受けパーツはとても小さいので、先の尖った物と、炙り付けをする時に保持するのに剛性のある物との2種類のピンセットを用意しました。
 
作業台には釜飯の蓋を使いました。
 
鋳物部品のハンダ付け面はキサゲ刷毛で綺麗に磨いておきました。
 
爪楊枝は、ハンダを練って塗りつける物と、軸受けを所定の位置にはめ込むために
使う物と2本用意しました。
 
あとは、画像のとおりバーナー、小皿、練りハンダを用意して作業を行いました。
 
 

2016年11月18日 (金)

今日の作業

Img_0676ssまたしてもMW製運材台車の組み立てに着手
 
今回は日農鋼製2両分
 
バリ取り、洗浄など辛気くさい作業です
 
はやる気持ちを抑えながら、
 
下ごしらえを丁寧にすることに専念

2010年9月20日 (月)

プチ工作 とりあえず

447 小型楕円タンク車のカプラを換装しました。

2010年9月18日 (土)

プチ工作番外編 ジャンクがお好き?

442 次期主力機関車のF5型ボギーDLが武樫野本線にて試運転に就いているなか、こちらではカプラ換装を推し進めるための工作が開始されました。

まずは分解して洗浄され加工の準備です。

なんだかジャンクの山のようですね。しかし、こういう光景を見るとナローゲージャー(ポンコツマニアというべきか)の血が騒ぐぅ・・・

2010年5月31日 (月)

軽工作 運材台車にレタリングを入れました

388 すこしづづでも進捗をはかりたいので短時間にできる作業として運材台車にアルプスモデル製のインレタで標記をいれてみました。

細かい作業なので予想以上に時間を費やしてしまいました。

2010年5月17日 (月)

軽工作 製材

385 ちょっとした空き時間にできる簡単な作業でストラクチュア用の柱を切り出しました。

材料はMW社のレーザーカット製ストラクチュアから出た端材で、今回は柱ように1,5mm厚の板から1.5mm角の柱を切り出しました。

実物に換算すると4寸角の柱と云うのでしょうか立派な柱です。

2010年4月26日 (月)

プチ工作 ガソリン計量器にメッシュを

354 モデルスイモン製のHOスケール「ガソリン計量器」の上部ガラスの円筒状の部分に、エコーモデル製の細密メッシュをまいてみました。

後ろのチケットは美術を志す弟から・・・