2019年3月20日 (水)

アートプロ製 貨車移動機 7

Img_0820s8
西武電車色に塗装してひとまず完成
@niftyの提供するblog ココログ の仕様が変更になったので戸惑いを感じながらupしています。

 

 

 

続きを読む "アートプロ製 貨車移動機 7" »

2019年3月13日 (水)

アートプロ製 貨車移動機 6 生地完成

D1c7vxfu4aegvmn車体のハンダ付け終了。
 
例によって、練りハンダを小型バーナーで炙り付けです。
(2019/04/13補記)
キャブとエンジンフード上部の接する箇所は画像では隙間が見えますが、後から裏にφ0.4の真ちゅう線で裏打ちしてハンダで埋めてあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

続きを読む "アートプロ製 貨車移動機 6 生地完成" »

2019年3月10日 (日)

アートプロ製 貨車移動機 5

 
動画 貨車移動機 捕重していないため動きがぎこちないが、KDカプラーの動作を確認することが出来る。

2019年3月 8日 (金)

アートプロ製 貨車移動機 4

Img_0802s8デコーダーを仮に配線して走行確認。
 
最大電圧CV5を255から63に書き換えて最高速度を抑えた。
 
入れ替え機なのでCV3加速度とCV4減速度は0に設定(暫定的)
 
赤い箱DP-1で試運転。補重してないので集電の安定性に欠けるが概ね良好。
 

アートプロ製 貨車移動機 3

Img_0396s8厚さ1mmの鉛の板でカプラー取り付け座を作って見ました。カプラー後端は1.2mmカットしてあります。                               Img_0400s8 LENZ製DCCデコーダー(シルバーミニプラス)が収まるかな?                        Img_0399s8エンジンフードを被せてみた。ピッタリに収まる!

2019年3月 2日 (土)

アートプロ製 貨車移動機 2

Img_0392_1フレームのハンダ付け
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0793ギヤを組み付けてフレームを仮組
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0393_1KDカプラ取り付けを検討
画像はリーマーが到着するまでは車輪を組み込めないので高さが低い。
 
KDを取り付けるにはカプラポケットの巾は合致するが後端部のスペースを確保しなければ収まらない。
 
フレーム側にその余地は有る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0795s800
連結器解放てこ受けの開口部を拡げるだけでKDカプラーは収まることがわかった。
 
KDのドラフトギヤBOX後端をCutすれば1.5mm程度取り付け位置を後退させられる。
 
取り付け位置を後ろにずらすことでカプラー固定ネジと解放てこ受けのバーとの干渉が避けられる。
 

2019年2月28日 (木)

アートプロ製 貨車移動機 1

Img_0390_2

性懲りもなくHOスケール3’6”ゲージのキットに手を伸ばしてしまいました。

アートプロ製の加藤製作所6.5t貨車移動機Bタイプです。

先ずは、パーツの検品と、作業用に組説のコピーを作って組み立ての概要を掴んでおきました。

工作には、エッチングパーツを切り出すためのプラニッパー、2.5mmのストレートリーマーこれは軸受けの仕上げをするため、後はねじ切りようにM1.4のタップ、汎用ヤスリなどが必要となるようです。

自分は、プラニッパーとリーマーを新たに注文を出し、それが到着次第作業に着手する予定です。

それにしてもモータの小ささに驚きです!


Img_0790

<2019/03/01>アマゾンよりニッパー到着